ワールドベンチャーズの営業停止と稼げないという話はデマなのか?調べてみた

ワールドベンチャーズは稼げるのか。

今ネットワークビジネスが実はブームになっており最近は20代の若者がビジネスに挑戦しています。その中でもこれまではサプリメントや化粧品や生活用品などの商品が目立っていましたが最近は旅行などこれまで見なかったような商品が出てきたという点があります。

選択肢が広がり多くの人に取り組みやすくなったのは間違いないでしょう。

ただ、今も昔も変わらないのが口コミなどの勧誘によっておこるトラブルです。苦情や被害などに発展するような場合も中にはありその場合は会社が業務停止などに至る場合もなくはありません。

ですのでモラルをもって活動しなければならないのです。

どうしてここまで問題になるかというとネットワークビジネスは人を魅了するような報酬プランがあるからです。

報酬プランを見るとバイナリーやユニレベルなど色々なものがありますがただ頑張ろうと思うのです。しかし頑張って友達や知人に口コミをすればするほど強引な営業になり得るのです。

その結果、良かれと思って口コミしたのに嫌な顔をされたり人間関係に問題が生じることも普通にあります。

ですから、ネットワークビジネスは簡単なビジネスではなくて普通に大変なビジネスなのです。

ここで書いたような注意点を守りながらビジネスを行う事が長く反映して不労所得や権利収入を得ていくためには必要不可欠だと言えるでしょう。でも、魅力的なビジネスなのは間違いないですから頑張ってください。

 

いくらADS2.0を使ってダウンを増やしても

「全自動でダウンが出来るから
参加した人」

ばかりが自分のダウンになります。

「楽して稼ぎたい」という
属性の人が集まるわけです。

通常のネットビジネスは一回売れば
それでOKなわけですが、ネットワークビジネスは
そういうわけにはいきません。

たとえ

「楽して稼ぎたい」

という想いで参加した人であっても
その人が結果を出さないと自分の収入も
増えないという特徴があるわけです。

そして、果たしてそういう人が真剣に
活動するかと言うと疑問なわけですね。

下手すると、ダウンが出来ては辞められ
出来ては辞められを繰り返すことになります。

更にもう1点、大切なポイントがあります。

それは、ADS2.0に興味があったとしても
肝心の商材であるワールドベンチャーズの旅行には
興味がないかもしれません。

すると、ビジネスを継続するかどうかの
基準が

「稼げるかどうか」

になります。

しかし、ネットワークビジネスの世界で
自分の下の愛用者が何年もリピートしてくれるのは

「製品を気に入っているから」

というのが実際のところ大きいです。

この「製品好き」属性の人は稼げる・稼げない抜きに絶対に
リピートしてくれるという点でそのラインが安定するわけです。

「たとえ稼げなくても製品が好きだから続ける」

という人が多いグループなのか、

「お金にしか興味ないから稼げなければ辞める」

という人が多いグループなのかでは
安定の仕方に雲泥の差が生まれます。

その部分がシステムを前面に打ち出す
ADS2.0だと弱いと言えるわけですね。

村井祥亮さんと加藤明さんが
長期的にADSに力を入れるのであれば
良いですがその確証もないわけです。

つまり、

他人のシステムに依存する

というリスクを消し去ることが
できないということです。